BEST ONE HOME~設計士と建てる家~ » わたしたちのBest One Home 〜設計士と建てた家〜 » かわいすぎない
かわいい家

かわいすぎない
かわいい家

メイン写真
あたたかみのあるナチュラルな住まい

ナチュラルテイストを基調としたあたたかみのある室内。外観は三角屋根のかわいらしい佇まいながら、ガルバリウムでスタイリッシュさもプラスしています。

設計事務所「グランハウス」さんの協力のもと、「設計士と家を建てる」楽しさや流れをご紹介するサイト「BEST ONE HOME」が、この家のこだわりを取材しました。

gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery

Best One Homeどう建てた?

施主さま
施主さま
H様ファミリー
担当チーム
グランハウスアイコン
グランハウス
編集チーム
編集チーム
出会いや打ち合わせなどの思い出を教えてください
グランハウス
グランハウス
何度も提案して
決めていただいた

旦那様のご職場にもグランハウスで建築された方がみえたようで、そのご紹介もあり、ご来場いただきました。
実はH様は一度別のメーカーさんと仮契約されていて、金額も他者さんのほうが安かったのですが、何度もご提案させていただき、最終的にはグランハウスにしていただけました。

施主様
H様ファミリー
アドバイスで
形になっていくことに
ワクワク

グランハウスさんに決めたのは、はじめに提案してもらったお家が一目で気に入ったことが理由です。
こちらが イメージの伝え方が下手でふんわりしていたのですが、それに対してアドバイスをたくさんしてくれて、どんどん形になっていくのがとてもワクワクしました。
私たちの意見を受け止めつつ、「ここはこういう方がいいかも」とちゃんと言ってもらえたので信頼できました。

編集チーム
編集チーム
もともと平屋に
しようと決めていた
のでしょうか?
施主様
H様ファミリー
諦めていた
あこがれが現実に

元々平屋への憧れはあったけれど、予算が上がるので、正直諦めていました。
他の工務店も回っていた時に、 グランハウスさんだけが諦めず提案してくれて背中を押してもらい、平屋にすることを決めました!
平屋が良かった理由は、夫婦ともに外観にこだわって気に入った家に住みたい気持ちがあったから。
そして広過ぎる家に住むより、必要最低限の部屋で管理もしやすくスッキリ暮らしたい気持ちがあったからです。

編集チーム
編集チーム
この家は
どんなコンセプト?
グランハウス
グランハウス
かわいすぎない
かわいさを追求

かわいすぎないかわいさを追求しました。
奥様のカフェのような家にしたいというご要望と、かわいすぎると将来が…という不安を両立するために、三角屋根のシンボリックな外観に、あえてガルバリウムを使い、カッコよさもプラスしたデザインをご提案しました。
内装はカフェらしくナチュラルテイストを基調としながらも、飽きのこないように色合いを統一して、家具やカーテンといったファブリックで表情が変わるようにしました。
これなら、 将来に渡って飽きのこないデザインになったと思っています。

施主様
H様ファミリー
大人もくつろげる家

光や風が入って気持ちいいお家、子どもものびのび遊べて、 子どもを見ながら大人もカフェにいるようなくつろげる空間にしたい想いがありました。
2人とも家事をするのでお互いが家事をしやすい間取りというのも意識したと思います。
内装は、夫婦ともに白や木やナチュラルな雰囲気が好きなので自然とそうなっていきました。
その中でも木の色味や木目の向きなどがたくさんあって迷った時に、サンプルを並べて予算の事も考えながらアドバイスしてもらい、なるべく統一感があるように決めていったと思います。

編集チーム
編集チーム
外観もとても素敵!
白がとても映える、
絵本の表紙のような
世界観ですね
施主様
H様ファミリー
迷うことなく
決まった外観

ありがとうございます♪
インスタなどで探した画像を見せたり、三角屋根でシンプルな形の家がいいというのが私の希望だったので、そういう話や私たちの雰囲気から、担当の設計士さんが提案してくださって、外観は迷うことなくすぐに決まりました!

編集チーム
編集チーム
「どうしてもこれは実現したかった!」という、
こだわりポイントはどこでしょうか
施主様
H様ファミリー
欲張りなので
色々(笑)

私が欲張りなので色々あるのですが、息子が遊ぶスペースがキッチンから目の届く場所にあることや、 使い勝手の良さも飾って楽しむ事も両方実現したかったので、タイル、照明、アイアンバーなどなどこだわりました!
キッチンバックの造作の棚は、隣のスペースまでつながった長い棚を提案してもらって、それがとても気に入ったので実現に至りました! 主人は広い庭とリビングの大きな窓がこだわりポイントです。

編集チーム
編集チーム
では、おうちの中で気に入っていらっしゃるところはどこですか?
施主様
H様ファミリー
一通り全部!

主人:勾配天井とテレビ前の一段下げたスペース、広い玄関
息子:回遊できて走り回れるリビング
私:キッチンバックの棚、トイレの雰囲気と朝日が入る所
とりあえず一通り全部気に入っています(笑)。

編集チーム
編集チーム
「グランハウスと建てた」からこそ実現できたポイントを教えてください
グランハウス
グランハウス
広がりを
感じられる設計

外観は白系のデザインにしたいとのご要望でしたので、かわいくなりすぎないようにガルバリウムの横葺きをご提案しました。
予算内で、少しでも広く見せたいとのことでしたので、リビング部分のみ床を下げることでソファが目線から消えて、より広がりを感じるよう工夫しました。
またリビングに入ってからの奥行も意識し、リビングをL型にすることで目線が伸びて広く見えるような視覚を意識して設計しています。

H様邸
細かい工夫が施されたキッチン&リビング。
編集チーム
編集チーム
グランハウス様ご自身が、気に入っているお部屋やポイントや内装などを教えてください
グランハウス
グランハウス
落ち着いた
リビング空間

リビングを一段下げて、そこを絨毯敷きにしたことです。
床を下げることはよくありますが、絨毯を敷いたことでより別空間として演出することができましたし、お子様がジャンプして降りたときにもクッション性があるので、音や衝撃を吸収してくれます。
何より絨毯だと寝転がれるので「ゆったり落ち着いたリビング空間」になったと自負しています。

編集チーム
編集チーム
最後に、実際に住んでみての感想(導線、使い勝手など)を教えてください
施主様
H様ファミリー
子どもがどこにいて
も声が聞こえる

洗面所を玄関の隣にした事で帰宅してすぐ手洗いができ、脱衣スペースが広いので子どもの着替えもゆったりできます。
買い物後もパントリーやキッチンに直接荷物を運べて便利です。雨の時に自転車を入れたりできるので玄関を広くしてよかったと思います。
子どもがどこにいても声が聞こえるので平屋にして良かったです。

「かわいすぎないかわいい家」という絶妙な家は、お施主様と設計士が、直接顔を合わせて話して、服装や持ち物などを見て、設計士が十分にお施主様のことを把握したからこそできたもの。

大満足の仕上がりです!

事例・取材協力

グランハウス
  • グランハウス
  • グランハウス
設計士と
“ちょっとかっこいい家”をつくる

施工事例や取材の協力は、岐阜と愛知で設計士とつくるデザイナーズ住宅を展開する「グランハウス」様。

抱えていたマイホームへの夢、溜めていたピンタレストの理想の家写真…。そんな、想いや夢を、一緒に実現してくれる会社。

コスパがいい家を、設計士と二人三脚でつくることが可能です。