BEST ONE HOME~設計士と建てる家~ » わたしたちのBest One Home 〜設計士と建てた家〜 » 人と被らない
おしゃれなナチュラル
ハウス

人と被らない
おしゃれなナチュラル
ハウス

メイン写真
木目が活きるおしゃれであたたかな空間

清潔感あふれるホワイトと、やさしい木目が映えるおしゃれな室内。外観は、かわいらしさを感じさせる箱型の平屋ながら、どこか凛とした趣も漂います。

設計事務所「グランハウス」さんの協力のもと、「設計士と家を建てる」楽しさや流れをご紹介するサイト「BEST ONE HOME」が、この家のこだわりを取材しました。

gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery
  • gallery

Best One Home
-おしゃれなナチュラルハウス-
どう建てた?

施主さま
施主さま
M様ファミリー
担当チーム
グランハウスアイコン
グランハウス
編集チーム
編集チーム
グランハウスにお願いしようと思った決め手を教えてください
施主様
M様ファミリー
インスタを見て
おしゃれだと思った

インスタを見て施工事例がおしゃれだったからです。
実際に打ち合わせでも、設計士さんたちがいいアイディアを出してくれて、ユーモアのある話などもして、毎回の打ち合わせ時間がとても楽しみでした。

グランハウス
グランハウス
間取りに時間を取った

ありがたいです(笑)。
住みやすい“暮らし”の提案が設計士の大事な役目ですので、実は間取りを決めるのにじっくり時間を取りました。
家事をしながらお子様を気にかけやすい和室の配置、共働きのご夫婦のための洗濯動線、BBQを楽しめるお庭の計画、道路からの目線など、あらゆる観点からのお話をしたことがとても印象に残っています。
“和室が欲しい”ではなく、“料理をしながら遊ぶ我が子を見守れる和室が欲しい”のように、そこでしたいことをお客様と設計士が直接お話出来るからこそ、住みやすいお家が出来上がるのだと再認識できた打合せばかりでした。

編集チーム
編集チーム
平屋にするというのは、当初からの希望?
施主様
M様ファミリー
最初から
決めていました

最初から平屋がいいと思っていて、子どもたちが自立して行った時に2階は使わなくなってしまうと思っていました。実際に実家がそうなっていたので。

編集チーム
編集チーム
木と石の調和が
とても素敵な外観です
施主様
M様ファミリー
提案を気に入りました!

最初に 「箱型の家がいい」と伝えたら、次の打ち合わせで今の外観を提案されて、とてもおしゃれだと思った。
緑のところはガルバリウムでしたが、「こういう外壁どうですか?」と提案され、これまた「おしゃれ!」と思って、お願いしました。

グランハウス
グランハウス
気に入ってもらえて
ガッツポーズ

一番人の目に触れるのは、お家の外観です。
個性が光るお家であることが一目で分かるよう、お家の外観を特に気にかけました。
担当させていただいた設計チームで相談を重ね、今までにない外壁材のご提案にたどり着きました。
絶対気に入ってくださる!という自信はもちろんありましたが…M様が快く受け入れてくださった時、みんなでガッツポーズでした(笑)。

編集チーム
編集チーム
内装も、木目と白が
映えておしゃれですね!
施主様
M様ファミリー
一緒に話し合い
ながら決めていった

アカシアの床に魅力を感じたのと、白を基調にしたいと思っていたので、 理想のおうちの写真を設計士さんたちに見てもらい、一緒に話し合いながら考えながら、今の内装になりました。

編集チーム
編集チーム
内装もシンプルで、だからこそ木や青のソファがポイントになっていると感じました
グランハウス
グランハウス
引き算を意識して
デザイン

実は逆で、木や青のソファーがポイントになるように内装をシンプルにしました。
これがお家を設計する上で難しいことのひとつなのですが、インテリアの配置とのバランスを図っています。
建物に足し算のデザインをしていっておしゃれになるテイストと、反対に引き算のデザインでおしゃれになるテイストがあります。
今回の白×木のナチュラルテイストだと後者なので、インテリアデザインと同時進行しながら“色々飾りたい、だからやりすぎない”を大事に打合せを進めていきました。
そうして置いてあるモノたちを主役にしてくれる“箱”が出来上がりました。

編集チーム
編集チーム
「人と被らないおしゃれなお家」にしたかったという要望は
実現できましたでしょうか?
施主様
M様ファミリー
実現できました!!

はい!実現出来ました。
周りの友人や他人の家を見ても被る家は見たことがありません。
同時に、効率の良い生活動線も実現したかったのですが、ばっちりです。

M様邸宅
洗面所も「人と被らないおしゃれ」を実現。おしゃれで、かつ収納も多いのがポイント。
編集チーム
編集チーム
グランハウス様ご自身が、気に入っているポイントを教えてください
グランハウス
グランハウス
私たちにとっても
自慢のお家

家具が映えるようなLDKの内装設計がポイントです。天井の板張りがある分、白×木の配分は大事にしました。
ソファーの色、照明器具、M様手作りのダイニングテーブル…建物が完成してから置かれるモノ全部を、一緒に選んでこられたので実現できた内装設計だと思っています。
青いソファの脚の高さにジャストで合わせた段差のピットリビングも、実は私たちの猛烈なこだわりです(笑)。
私たちにとっても自慢のお家になりました。

編集チーム
編集チーム
住んでみてのお気に入りポイントや、住み心地を教えてください
施主様
M様ファミリー
無駄のない家に
なりました

夫:オシャレな外観。
妻:ぐるぐる導線、洗濯導線、ウォークインが2つあるとこ、収納の多さ。
どこからでもリビングに繋がっているので動きやすく、生活がしやすい。キッチンから見渡せるので、子どもを安心して遊ばせておくことができます。
収納が多いので、物が増えすぎず、掃除のしやすさも、とてもいいです。「洗濯を干す・畳む・しまう」がとても楽で嬉しいです!
無駄のない家になったと思います。

M様邸宅
家事動線もばっちりだという、奥様いわく「無駄のない家」。毎日の掃除や洗濯が楽なのは、嬉しいですね。

「人と被らない」というと奇抜な家を想像しがちですが、ナチュラルで、万人受けするのに、「被らない」。

その難しいバランスを現実にしているのは、M様と設計士さんの打ち合わせにほかなりません。

「どんな雰囲気が好き」をしっかりと共有できたからこそ、デザインも導線も、M様曰く「ばっちり」の家が完成しました。

事例・取材協力

グランハウス
  • グランハウス
  • グランハウス
設計士と
“ちょっとかっこいい家”をつくる

施工事例や取材の協力は、岐阜と愛知で設計士とつくるデザイナーズ住宅を展開する「グランハウス」様。

抱えていたマイホームへの夢、貯めていたピンタレストの理想の家写真…。そんな、想いや夢を、一緒に実現してくれる会社。

コスパがいい家を、設計士と二人三脚でつくることが可能です。