BEST ONE HOME~設計士と建てる家~ » 現役設計士6人が教えます!テイスト別設計のコツ » ナチュラルな家

ナチュラルな家

ナチュラルな家メイン写真

家を建てるときの人気のテイストの1つナチュラルな家。居心地が良さそうで、温かみがあり、そしておしゃれ。

しかし、ちょっと間違えると、ただの素材感を生かした家になってしまうので、バランス感覚やアクセントが重要になります。

ここでは、岐阜で“ちょっとかっこいい家”を建てている建築事務所「グランハウス」の設計士さんにご協力いただき、すてきなナチュラルな家にするためのポイントや、好きな施工事例などを教えていただきました。

家を建てるときの参考にしてください。

設計士がお気に入りの
ナチュラルな家

編集チーム
編集チーム
お気に入りの【ナチュラルな家】を教えてください
羽賀さん
羽賀さん
自然いっぱいの
Y様の邸宅です

リビングの南面には庭とつながるように、たっぷり窓を設けて、内装にも木をたくさん使いたいというご希望でしたので、インテリアとのバランスを考えて、床材を選んでいます。

イメージ
Y様邸。将来、アンティークのチェストを置きたいと
いうご希望もあったのだとか。似合いそう!
 
福嶋
福嶋さん
飽きのこない
S様邸

S様の邸宅です。
全体的に飽きない雰囲気を意識しました。
トイレや洗面は空間が狭いので、クロスやタイルでアクセントをつけています。

桐山さん
桐山さん
小さい面積で
ナチュラル感を演出

外観やLDKはシンプルで上品な家なのですが、洗面やトイレは女性的でナチュラルに作っています。
これは奥様のご趣味でした。
ナチュラルな雰囲気が好きだけど、外観やLDKに使うのは今後歳を重ねた時にちょっと怖いということでしたので、もう少し小さい面積のところ、洗面やトイレ空間だけはナチュラル感を出して“好き”を全面に出しました。
全体的な統一感も崩さず一部分でも好みが取り入れられるよう考えました。

イメージ
ナチュラルな色の木を全体的に使いつつ、階段やモルタルで控えめなグレーのアクセントを入れています。
色を入れすぎると飽きるので、
同じ空間で3つまでにまとめたのがポイントだそう。
 
渡辺さん
渡辺さん
素材にこだわった家

お施主様が素材にこだわっていらっしゃったので、素材を生かせる設計にしました。

イメージ
 
編集チーム
編集チーム
他の方の設計した家で、
お気に入りの
【ナチュラルな家】を
教えてください
渡辺さん
渡辺さん
懐かしい雰囲気が好き

真壁のインテリアが懐かしい感じ。

イメージ
生まれ育った家のような、どこか懐かしい空間を
イメージして完成させたというお家。
昭和レトロがいい感じ!
 
羽賀さん
羽賀さん
木をふんだんに
使った内装

外観の白い三角2つの組み合わせと、内装の木をふんだんに使っている感じが素敵。

イメージ
かわいすぎないかわいさを追求したら、
こんな素敵な仕上がりになったというH様邸。
 
福嶋さん
福嶋さん
シンプルで飽きない

外観、内装のシンプルさと、飽きない雰囲気。

イメージ
「窓がないシンプルモダンな家」が要望だったそう。
そのシンプルで飽きない外観は、
下のリンクから見られます。
 
盛下さん
盛下さん
グランハウスを
体現するような事例

木をたくさん使っているところ。
南間口でありきたりな外観になりそうなところですが、 他とは違うオリジナルなデザインになっているのが素敵。
なおかつメンテナンスのことも配慮して垂直面には木を使用しないところ。
グランハウスの“住みやすい家をちょっとかっこよく”の分かりやすい例かと思います。

木村さん
木村さん
トータルで素敵

内装は白と木を基調とした雰囲気でまとまっているし、外観もベージュの塗り壁に木をふんだんに取り入れているので、トータルでナチュラルなお家だなと思います!

イメージ
木の風合いを存分に生かしつつも、和風にはしたくないというご要望があったS様邸。
メンテナンスの観点から、難易度が高い
外部に木を使いたいという要望を、
斜めに傾け、
直射日光や雨が直接当たることを避ける
デザインにすることで実現。
 
桐山さん
桐山さん
すごいの一言!

ナチュラルと連想すると“かわいい”が思い浮かびがちですが、“かっこいいナチュラル”というジャンルを作っているような印象です。
一見相反するワードですが、ナチュラルな質感に対して普通ならかわいいアイテムを持っていきがちですけど、かっこいいアイテムを散りばめている。
そのナチュラルとかっこいいのギャップが無いように木の材種や色、厚みで調整しているように感じます。
お客様からそこまで指定されることはまずないので、ここは設計の感覚でこの細部までこだわりきっているんだなと。
すごいの一言です。

イメージ
ログハウスのような家をイメージし、
ロフトや勾配天井などを取り入れた邸宅。
桐山さんが「すごい」と絶賛するこの事例のお写真は
以下のリンクからも見られます。
 

設計士と建てる家を
詳しく見る

ナチュラルな家を建てるための
アドバイス

編集チーム
編集チーム
ナチュラルな家の
ポイントとは?

お客様から【ナチュラルな家がつくりたい】と要望を受けた際に、設計で気を付けているところ、工夫しているところ、ナチュラルな家になるためのマイルールなどはありますか?

桐山
桐山さん
1、2㎜の木の厚みの
違いにもこだわる

木の量と厚みです。
ナチュラルな雰囲気にはやっぱり木の質感がとても大切な要素ではありますが、木が多すぎるとぼてっとしてしまい、ひと昔前のデザインになってしまったり、和の要素が顔を出してしまいます。もちろんお話していく中でお客様の趣向を察知して、選ぶ素材すべての厚みや仕上げ方、色味の微調整を心がけています。1、2㎜にこだわって調整します。
最近はナチュラルといってもシンプルなナチュラル感が好まれる傾向なので、単にナチュラルな部分を足すだけなく、足した分だけなにかを引き算していくことを心がけています。

福嶋さん
福嶋さん
ベースと色

・色を入れすぎないこと。
・ベースは白+木

羽賀さん
羽賀さん
色目や見せ場

そう質問をされた際には、「木をたくさん活かした家」にしたいのか、「内装がカフェみたいなかわいいナチュラルなデザイン」にしたいのかをお伺いします。
前者であれば、どんな雰囲気にしたいのかをお伺いして、どんな色目の木を使うかを気を付けます。後者であれば、どこに見せ場を作りたいのかを一緒に確認します。

盛下
盛下さん
“ナチュラル”の
ニュアンス

長い目でお家を見たときのメンテナンス。
かわいくなり過ぎないような、お客様が求めているナチュラルのニュアンス。

木村
木村さん
木の割合

造作は基本的に木を使い、床材は無垢材とすることで室内の木の割合を高める。色は入れるならアースカラーなどやさしいものを取り入れる。

渡辺
渡辺さん
庭を生かせる間取り

庭を生かせる間取りにしたり、なるべく自然素材に近いものを提案するようにしてます。

事例・取材協力

グランハウス
  • グランハウス
  • グランハウス
設計士と
“ちょっとかっこいい家”をつくる

施工事例や取材の協力は、岐阜と愛知で設計士とつくるデザイナーズ住宅を展開する「グランハウス」様。

抱えていたマイホームへの夢、貯めていたピンタレストの理想の家写真…。そんな、想いや夢を、一緒に実現してくれる会社。

営業をおかず、モデルハウスもない。その代わりに、コスパがいい家を、設計士と二人三脚でつくることが可能です。